医療法人社団 登侑会 おのだ皮膚科

〒220-0073 横浜市西区岡野2-5-18
サミット横浜岡野店2F 横浜医療タウン
相鉄平沼橋駅徒歩7分、横浜駅徒歩15分

診療時間
月・火・木・金:9:00-12:30/14:30-18:30
土曜:9:00-13:00
 休診日  
水曜、日曜、祝日

 

045-323-3553

院長のつぶやき(2021年)

今週の出来事(20210609) 

今日は、西公会堂での新型コロナワクチンの集団接種のお手伝いに参加してきました。

診療時に「クリニックでワクチン接種してくれないの?」と聞かれることがありますが、今のいっぱいいっぱいの診療状況では、密な環境を作ってしまうだけになり、なかなかむずかしいです。

そこで、休診日に可能なところで医師会の集団接種のお手伝いをすることにしました。

 

あと、話は変わりますが、先週水曜日に、待合室や中待合、自動水栓などの小工事をしてもらいました。

テレビの位置を変えて、画家 櫻井幸雄先生の「出番のないベンチ」の絵を飾りました。

田舎で育った小さい頃を思い出す、とても大好きな温かい絵です。

櫻井先生の絵は、診察室前の廊下にも貼っています。

 

双子のたまご(20210606) 

自宅での話になりますが、卵を割ったところ、双子の卵でした!

僕は初めての経験でしたが、調べてみると、産卵をはじめたばかりの若い鶏では、そんなに珍しいことではないようです。

カブトムシのさなぎ(20210502) 

※虫が苦手な人は、下の写真を見ない方がいいかも…です。

 

この数日の間に、2匹飼っているカブトムシの幼虫が、さなぎになりました。

 

少し前まで、とても激しく動いていたのですが、このところ、死んでいるのではないかと思うくらい動きませんでした。

1日に何度か気にして見ていたのですが、さなぎに変わるのは、半日にも満たないくらいあっという間でした。

5月1日(左のメスがさなぎに…)

5月2日(右のオスもさなぎに…)

アクネミーティング2021(20210417) 

今日(土曜)は、診療後に施設の往診に行き、その後、「アクネミーティング2021」という勉強会の開会の辞を務めてきました。

福井で開業されている先生のご講演でしたが、治療方法や指導方法など、クリニックによって、いろいろなやり方があるんだなーと興味深く拝聴しました。

 

コロナ禍で、いろいろな勉強会が、対面形式からオンライン形式になりました。

今日もオンライン形式のため、みなとみらいの会場には、僕と座長と主催企業の担当者のみでした。

学会に出向かなければ聞けなかった話を、気軽に聞けるようになったというのはとても大きいです。

一方、自分で広くネットをかけておかなければ、新しい情報を得ることができないという面もあります。

 

テレビなどで、「マスクニキビ」というネタを見ることがあります。

確かにマスクの影響でニキビができたと来院される方も多くいらっしゃいますが、「自分はテレワークなので、マスクをする機会は少ないのにニキビができた」と言って来られる方もいらっしゃいます。

コロナ禍で、以前よりも運動量が減っていることも、ニキビの悪化の一因なのかな…と思う今日この頃です。

開院9周年(20210408) 

4月9日、当院は9周年を迎えます。

多くの方々に支えられて今があることを、心から感謝しております。

 

今日の午前は、子どもの入学式に出席するために、休診にさせていただきました。

その結果、午後が混雑し、長くお待ちになられた方にお詫び申し上げます。

 

入学式の学校の先生のお話で、とても印象に残った内容がありました。

 

1年生の教室の前に、1本の桜の木があるのですが、樹齢110年になるとのことです。

当初は100本くらいあったようですが、空襲などの影響もあり、今はその木だけが残っているようです。

110年もの間、ずっと子供たちを見てきたわけですね。

時代は変わっても、この学校には、ずっと普遍的に大切にしてきているものがある…。

 

このような内容です。

 

昨年の今頃は、コロナの影響で、学校もお休みでした。

毎年新しい子供たちが入学してくるのを待っている桜の木は、いつも通りに迎えることができなかったこの状況を、どんな風に見ていたのかなぁ…、そんなことを考えました。

 

クリニックを開業して9年。110年の桜の木と比べると、ずっと歴史は浅いですが、この間、いろいろなことがありました。

クリニックの成長とともに「変えていったこと」「変えざるを得なかったこと」「変わったこと」。

いろいろありましたが、改めて、クリニックにも「変えてはいけない普遍的なこと」があるのだと思います。

 

本当に、今も毎日が試行錯誤の連続です。

悩みながらも、「変えてはいけない普遍的なこと」を大切にしていく10年目にしたいと思います。

 

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

カブトムシの幼虫(20210405) 

久しぶりの昆虫ネタです。

 

昨年の秋に、非常勤で来られている侯先生に、カブトムシの幼虫を2匹もらいました。

 

自宅の玄関わきに置き、週に2回水を霧吹きで与え、月に1回くらい腐葉土を替えています。

真冬の間は、比較的動きが静かでしたが、最近は、時々、土の表面に上がってきて、おそらく腐葉土を食べています。

 

夏までまだ時間がありますが、うまく成虫まで育てられるかどうか、楽しみです。

爪下腫瘍(20210324) 

半年くらい前に、左の親指の爪が変形し、痛みが少し出ました。その後、出血をした後に一旦軽快。

 

そして3月に入った頃にまた同じ症状が出ました。

爪の下にしこりを触れ、押すとちょっとした痛みが都度あり、爪の変形も認めました。

 

痛い皮下腫瘍というと、皮膚科医は、まず「ANGEL」を考えます。

Angiolipoma&Angioleiomyoma:血管脂肪腫、血管平滑筋腫
Neuroma:神経鞘腫
Glomus tumor:グロムス腫瘍
Eccreine spiradenoma:エクリンらせん腺腫
Leiomyoma:平滑筋腫

 

このうち、爪下というとグロムス腫瘍が頻度としては多いのですが、治すためには手術が必要です。大腿とかのできものであれば、頑張れば自分で取れなくもないのでしょうけど、指のできものは自分で取ることはできません。

MRIではグロムス腫瘍としては典型とはいいにくい印象でした。また、今回も出血した後、痛みは軽減しており、臨床症状としてもグロムス腫瘍としては典型ではありません。

 

ちょくちょく出るようですと処置をする時などにも影響がありますので、懇意にしているドクターに診察をお願いし、今日、ご相談をしてきました。

 

硬結は残っているので、もしこのまま残るようであれば、切除生検をお願いすることになりました。

最初は硬結と圧痛でしたが…

出血した後に痛みは軽減。

病院の外では桜がきれいに咲いていました。

コロナ太り?それとも…(20210218) 

最近は、コロナの影響で、いろいろな研究会がオンラインでの開催となっています。

 

今日は、神奈川フットケア研究会がオンラインで開催されましたが、座長だったため、診療後に会場に出向きました。

普段は、スーツを着ることもありませんので、今朝、とても久しぶりに着ようと思ったところ…

 

家にある全てのスーツがきつくて履けませんでした。。

 

体重計に乗ってみたところ、過去最重量を更新…!

コロナ前に比べて、おそらく4kgは太ったと思います。

 

コロナの影響もあり、以前よりも運動不足なので、これが噂のコロナ太り…?

それとも、ただの中年〇〇…??

 

今は、新しいスーツを買うべきか、運動をすべきか、悩んでおります…。

白いイチゴ(20210118) 

白いイチゴを、初めていただきました!

 

白いと、視覚的には甘くないように見えますが、とっても甘くておいしかったです!!

エアバスター(20210117) 

数か月前に注文していた「エアバスター」というオゾン発生器が、先日届きました。

奈良県立医大の研究では、オゾンが新型コロナウイルスを不活化するということです。

 

幅20cm程度、重さ1kgちょっとくらいのコンパクトさですが、50畳くらいまでの広さをカバーできるようです。

東京都など、全国で600台以上の救急車にも搭載されていると聞いています。

 

コロナがますます増えている現状で、できる感染対策は積極的に取り入れていこうと思います。

緊急事態宣言(20210106) 

今週中に、また首都圏では緊急事態宣言が出されるようです。

当院は、現時点では、いつもと同じ体制でやっていく予定ですが、状況をみながら変更をしなければいけないこともあるかもしれません。

お伝えしたいことがある時には、このHPのトップページにお知らせしますので、時々ご確認をお願いいたします。

 

年末くらいから、「こどもの手荒れ」をとてもよく診ます。

保育園などで、コロナ対策などで、みんな一生懸命手を洗っているからだと思います。

寒い中、とても冷たい水で、感染対策のために一生懸命手を洗っている姿が目に浮かびます。

子どもが1番えらいのかもしれません。

今はとても大変で辛い時期ですが、大人が見本になるように頑張っていかないといけないですね。

 

今日は、息子のリクエストで、我が家は七草粥を食べました。

理科の授業で、春の七草を覚えたので食べてみたかったようです。

今年ほど、春が待ち遠しいと思った冬はないように思います…。

富士宮やきそば(20210101) 

新型コロナウイルスに翻弄された2020年も終わり、2021年が幕をあけました。

毎日のように、新規感染者数が「過去最高」を更新されていく中で、正月もなく勤務されている方々には、とても頭が下がる思いです。

 

この冬休みは、帰省もなく、自宅でゆっくりと過ごしました。

ゴールデンウィークの時には、「この長期休みをどう過ごそう…」といろいろ考えたものですが、最近は、休みの日に自宅で過ごすペースみたいなものができたような気がします。

 

今日は、実家の静岡から送ってもらった「富士宮やきそば」を作ってみました。

独特の食感のそばと、豚肉、野菜、「肉かす」と呼ばれる豚の背脂(?)を炒めます。

最後に、ソースで味をととのえて、ダシ粉と青のりをかけて出来上がり。

今日のやきそばの出来は、家族からもとても好評でした…!

 

今年は、日本が、世界が、良い方向にいきますように…!

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お電話でのお問合せはこちら

045-323-3553
診療時間
月・火・木・金:9:00-12:30/14:30-18:30
土曜:9:00-13:00
休診日
水曜、日曜、祝日